1. HOME
  2. イベント情報
  3. 第1回公開シンポジウム

イベント情報

公募研究について

科研費

文部科学省 科学研究費助成金 新学術領域研究 (研究領域提案型)
細胞社会ダイバーシティーの統合的解明と制御
 第1回公開シンポジウム

開催報告はこちら

開催概要

会期 2018年2月18日()13:00〜18:00
会場 大阪大学大学院 基礎工学国際棟(大阪府豊中市侍兼山町1-3)
https://yoyaku.es.osaka-u.ac.jp/sigmahall/map.htm
参加費・
参加登録
無料・事前参加登録はこちら
※当日参加も可能ですが、参加者数を把握するためできるだけ事前参加登録をお願いします
主催 文部科学省 科学研究費助成金 新学術領域研究 (研究領域提案型)
細胞社会ダイバーシティーの統合的解明と制御(細胞ダイバース)
共催 大阪大学 数理・データ科学教育研究センター(MMDS)
事務局 公益財団法人がん研究会 がん化学療法センター
〒135-8550 東京都江東区有明3-8-31
TEL: 03-3570-0481 FAX: 03-3570-0484 E-mail:cDiversity@jfcr.or.jp

事前参加申込みフォーム

氏名
所属
E-mail

プログラム

13:00-13:10 領域代表の挨拶 藤田直也(がん研究会)
Session1 司会:越川直彦
13:10-13:35 治療抵抗性を生み出す腫瘍組織内ダイバーシティー 藤田直也(がん研究会)
13:35-14:00 1細胞解析によるがん細胞の多様性創出機構の解明 秋山徹(東京大学)
Session2 司会:八尾良司
14:00-14:25 TGF−βファミリーによる細胞分化とダイバーシティー獲得の分子基盤 宮園浩平(東京大学)
14:25-14:50 CUBIC:多細胞システムの理解に向けたセルオミクスパイプライン 洲﨑悦生(東京大学)
14:50-15:10 コーヒーブレイク
セッション3 司会:川崎秀二
15:10-15:35 数理学解析を用いたMT1-MMPのプロテオリシスによる細胞機能制御の解明 越川直彦(神奈川県立がんセンター)
特別講演 司会:藤田直也
15:35-16:00 数理モデルとシミュレーションを用いた腫瘍学研究 鈴木貴(大阪大学)
16:00-16:05 閉会の辞 宮園浩平(東京大学)
ポスターセッション&交流会  
16:20-18:00    

ポスター


PDFPDF(2.3MB)

このページの先頭へ