1. HOME
  2. 研究組織
  3. 藤田 直也

細胞間相互作用による細胞ダイバーシティー形成機構の解明と疾患治療への応用

研究代表者
藤田 直也
(公財)がん研究会・がん化学療法センター
http://www.jfcr.or.jp/chemotherapy/about/message/

研究分担者
片山 量平
(公財)がん研究会・がん化学療法センター基礎研究部
http://www.jfcr.or.jp/chemotherapy/department/fundamental/

研究分担者
竹本 愛
(公財)がん研究会・がん化学療法センター基礎研究部
http://www.jfcr.or.jp/chemotherapy/department/fundamental/

研究概要

人体は約37兆個の細胞により構成されているが、その細胞集団は均一ではなく、組織幹細胞より分化したダイバーシティーに富む細胞から構成されている。ダイバーシティーに富むことで、環境変化に耐えうる強靭な生体・臓器が構築・維持されており、そのために細胞社会ダイバーシティーの破綻は各種疾患の発症へとつながる。また一方で、がんという病態においては、正常組織と同等な血管や間質組織の豊富な腫瘍組織が形成されることで、治療薬などの外界刺激に抵抗性を示す極めて強靭な腫瘍微小環境が構成されている。このように、細胞社会ダイバーシティーは、細胞間の相互作用を介して生体の恒常性を維持しているとともに、その破綻や変化が様々な疾患の発症に関与していると示唆されている。
私たちはこれまでに、宿主由来の血小板が腫瘍増殖や転移先臓器の決定に極めて重要な役割を果たしていることを明らかにして来た。また、培養細胞株や患者検体を用いることで、線維芽細胞をはじめとする宿主間質細胞との相互作用が治療抵抗性などのがんの難治性に関わっていることを明らかにしてきた。そこで本新学術計画研究では、難治性がんにおける原発巣と転移巣・再発病変等におけるがん細胞-宿主細胞の相互作用に関わる分子基盤を、臨床検体を主に用いてシングルセルレベルで解析し、腫瘍組織の構成因子ごとの定量的な遺伝子変異・遺伝子発現データを取得・解析することで、腫瘍組織の強靭性に関わる細胞間相互作用を統合的に解析する。また、取得データから数理モデリングを行うことで、腫瘍組織の細胞社会ダイバーシティー構築に関わるキーとなる分子やパスウェイを同定し、新規治療法開発への展開を目指す。

参考文献

  1. Fuse MJ, Okada K, Oh-hara T, Ogura H, Fujita N, *Katayama R. Mechanisms of resistance to NTRK inhibitors and therapeutic strategies in NTRK1-rearranged cancers.
    Mol. Cancer Ther., In press, 2017. PubMed ID: 28751539
  2. Takemoto A, Miyata K, *Fujita N.Platelet-activating factor podoplanin: from discovery to drug development.
    Cancer Metastasis Rev., In press, 2017. Review, PubMed ID: 28674748
  3. Takemoto A, Okitaka M, Takagi S, Takami M, Sato S, Nishio M, Okumura S, *Fujita N.A critical role of platelet TGF-b release in podoplanin-mediated tumour invasion and metastasis.
    Sci. Rep., 7: 42186, 2017. PubMed ID: 28176852
  4. Uchibori K, Inase N, Araki M, Kamada M, Sato S, Okuno Y, Fujita N, *Katayama R.Brigatinib combined with anti-EGFR antibody overcomes osimertinib resistance in EGFR-mutated non-small-cell lung cancer.
    Nature Commun., 8: 14768, 2017. PubMed ID: 28287083
  5. *Katayama R, Sakashita T, Yanagitani N, Ninomiya H, Horiike A, Gainor JF, Motoi N, Dobashi A, Tambo Y, Kitazono S, Sato S, Koike S, lafrate AJ, Mino-Kenudson M, Ishikawa Y, Shaw AT, Engelman JA, Takeuchi K, *Nishio M, *Fujita N.P-glycoprotein mediates ceritinib resistance in ALK-rearranged non-small-cell lung cancer.
    EBioMedicine, 3: 54-66, 2016. PubMed ID: 26870817
  6. Sekiguchi T, Takemoto A, Takagi S, Takatori K, Sato S, Takami M, *Fujita N.Targeting a novel domain in podoplanin for inhibiting platelet-mediated tumor metastasis.
    Oncotarget, 7: 3934-3946, 2016. PubMed ID: 26684030
  7. Katayama R, Lovly CM, Shaw AT.Therapeutic targeting of anaplastic lymphoma kinase in lung cancer: a paradigm for precision cancer medicine.
    Clin. Cancer Res.,21: 2227-2235, 2015. Review, PubMed ID: 25979929
  8. Katayama R, Kobayashi Y, Friboulet L, Lockerman EL, Koike S, Shaw AT, Engelman JA, *Fujita N.Cabozantinib overcomes crizotinib resistance in ROS1 fusion positive cancer.
    Clin. Cancer Res.,21: 166-174, 2015. PubMed ID: 25351743
  9. Katayama R, Friboulet L, Koike S, Lockerman EL, Khan TM, Gainor JF, Iafrate AJ, Takeuchi K, Taiji M, Okuno Y, *Fujita N, *Engelman JA, *Shaw AT. Two novel ALK mutations mediate acquired resistance to the next-generation ALK inhibitor alectinib.
    Clin. Cancer Res., 20: 5686-5696, 2014. PubMed ID: 25228534
  10. Friboulet L, Li N, Katayama R, Lee CC, Gainor JF, Crystal AS, Michellys PY, Awad MM, Yanagitani N, Kim S, Pferdekamper AC, Li J, Kasibhatla S, Sun F, Sun X, Hua S, McNamara P, Mahmood S, Lockerman EL, Fujita N, Nishio M, *Harris JL, *Shaw AT, *Engelman JA.The ALK inhibitor ceritinib overcomes crizotinib resistance in non-small cell lung cancer.
    Cancer Discov., 4: 662-673, 2014. PubMed ID: 24675041

このページの先頭へ